北杜市男女共同参画 推進委員会 家庭部の皆さんへ、認知症についてのお話をさせていただく機会をいただきました。
73015429_2433021660307515_4944930155807113216_n


家庭部の皆さんが12月に開催されるフォーラムで「認知症」についてポスター発表をされるということでしたので私から、
男女共同参画推進委員の皆さんへ「認知症」について多くの人へ発信していただきたい思いを伝えさせていただきました。


ずばり、
「認知症は勉強しないでください」

認知症は脳の中がこんな風になって、あんなことや、こんなことができなくなる。

それは専門家が知っていればいいことです。
そもそも、まだ解明されていないことばかり。情報はとても早いスピードで変わっていきます。
街で出会う人が「認知症の人」かどうかなんて、認知症ケアを長年やっていても一瞬で見分けることはできません。
その時に、
「ああ、この人は認知症だから頭の中がこんなことになっていて、こんなことができない人だ・・・」と接して欲しく無いからです。

街で出会う高齢者全体の特徴。年相応の物忘れ。
そして介護について。
男女共同参画の時代です。
誰が介護を担いますか?
お嫁さんでしょうか?結婚していない息子さんでしょうか?

私がスウェーデンで見た、共働きの社会の介護システム。
誰かだけの責任や、負担に偏らない、地域の中に役割を作り出すこと。

うまく伝わったでしょうか?
会が終わっても、質問をたくさんいただいて、私の経験談などもお話させていただいたり、
今までに無い認知症の勉強会になりました。

12月のフォーラムに関してはまた告知させていただきます。
私もとても楽しみです。

☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆

八ヶ岳観光福祉デザイン室では
認知症、福祉に関してのセミナーは
横山綾子が担当させていただきます。

持続可能な観光地域作り、など観光に関してのセミナーは
藤田然が担当します。

福祉を伝える、デザインについてのセミナーは
篠鉄平が担当します。

セミナー、勉強会のご依頼は
メール info@y-kfd.com  まで お願いいたします。