OTAGAISAMAプロジェクトデンマーク渡航が無事に終わりました。
横山さん、「デンマークの幸福度」に関して記事を書いてください。と担当になり、うーん、一番難しいやつ振られたな・・・・と
毎日頭の中で「幸福度」「幸福」「こうふく」もう降伏か・・・・とさえ思っている途中なのですが締め切りもあり頭を整理しながら書いてみることにしてみました。
幸福感は人それぞれで、何かに学ぶものでもなく、感じるもので、この記事はあくまで、データとデンマークでチームが学んできたこと。横山の主観でできていると思って読んでいただきたいことをあらかじめご了解ください。


私たちは障がい者がもっと自由に!自立した生活を
今の日本で可能にするために、

 

  • 重度身体障害者
  • 福祉、医療従事者
  • 家族
  • 支援者

 

のチームで幸福度ランキング上位国のデンマークへ行き、世界トップレベルの福祉を日本へ持ち帰るジャパン・ノーマリゼーション・プロジェクト「OTAGAISAMA」というプロジェクトを株式会社LIFEクリエイト株式会社Nextwel八ヶ岳観光福祉デザイン室と3社で企画しております。


DSC_0308 2


私たちが「幸福」になるためのヒントをデンマークに行って考えて見た!!


まず、国連の関連団体が調査をし、国際幸福デーに発表された
世界156カ国を対象とした「世界幸福度ランキング2019」がこちら。
  1. フィンランド
  2. デンマーク
  3. ノルウェー
  4. アイスランド
  5. オランダ
  6. スイス
  7. スウェーデン
  8. ニュージーランド
  9. カナダ
  10. オーストリア    
   ・
   ・
   ・
58.  日本 

※GDP、平均余命、寛大さ、社会的支援、自由度、腐敗度といった要素を元に幸福度を調査しているそうです。
【報告書】World Happiness Report 2019 
 
DSC_0524 2
レゴはデンマークのおもちゃ会社です。オーフスのショッピング街にて。


まずは、渡航前から私たちが疑問に思っているテーマがこちらでした。

「離婚率50%のデンマークがなぜ幸福度ランキング上位となれるのか。」
 
たまたま、私たちのチームには、未婚男性、既婚男性、シングルマザーという構成になっていたためにそれぞれが幸福大国デンマークの結婚観に興味を示していたのです。
この問題は初日の片岡豊さんのガイダンスでかなりの時間を使い日本と、デンマークの社会保障や考え方の違いを学ぶことができました。

片岡豊さんはエグモントホイスコーレの臨時教員さんであり、現在はNPOダイアローグ実践研究所 理事をされています。そして今回は私たちの視察研修旅行をとても丁寧にコーディネートをしてくださいました。



DSC_0604.NEF-2
片岡さんからガイダンスを受けている様子 

第1の衝撃!! 結婚しない パートナー家族が多い。
若い頃から一緒に住み、生活をする同棲スタイルが当たり前で、子供ができたら結婚しようか。子供ができてもこのままでいようか。と考えるのだそうです。
コーディネーターの片岡さんでさえ、「私もデンマーク人の妻とはパートナーで結婚はしていないからね。もう何十年も一緒にいるし、子供も孫もいるけれど、それがデンマーク流」とさらっと教えてくださるではないですか!!
エグモントの若い男性の講師の方にも結婚観を伺ったところ、やはり「パートナーがいるよ。結婚は子供ができたら考えるよ。」でした。
エグモントの元校長は3度の離婚を経験しているのだとか。
デンマークでは、婚姻届も、離婚度届けも、(※1)ネットでポチッとできてしまう。
おお!簡単。


DSC_0407
デンマーク オーフスにて


DSC_0290
デンマークでよく見かけた箱型のベビーカー


 
結婚していても結婚していなくてもそれを個人の評価として見られることはないし、国際結婚や、財産相続を視野に入れて結婚という手続きを取る人もいる。
それは人それぞれで、
「パートナーと今幸せかどうかが大切」で、
結婚しているとか離婚したとかは大きな問題ではない。ということのようなのです!!



DSC_0014

エグモントホイスコーレンは全寮制です。卒業したら一人暮らし。もしかしたら二人暮らし?
 


そこで、シングルマザー横山は疑問に思うのです。
え?日本の制度は結婚すると、妻として、会社から扶養家族としてお金がもらえたり、家賃補助だったり、会社によっては結婚したり、出産したりすると夫の会社からお祝い金がもらえたり、医療控除だって世帯合算金額だったり、「妻」というキラッとしたバッジがつくことで、社会的「得」をすることが多いのが日本。35年ローンで家を買って旦那が先立ってもとりあえず私たちは住む家が残るから保険のために家を購入する。そんなことも含めて。
家に入るという習慣があるので、もちろんそこには旦那の親の面倒を見るとか、母親が専業主婦で子供を育てるとか昔ながらの妻の仕事に対価として支給される日本の社会の仕組みからのものだとは理解している。
男性はどうだろう。
一家の長として、結婚をして家族を支えているということは大きな誇りと自信になるのではないのではないでしょうか?
親は喜ぶしね。
結婚はまだ?なんて周りから言われることも無くなる。
♡ここに書いたことはあくまで日本的ちょっと昔の一般論です。
社会的な様々な保障は会社や市町村によって様々ですね。

では、デンマークではどうなってるの?
デンマークでは、個人に支給されるんだよ。だから書類上の家族であろうが、パートナーであろうが個人への保障は変わらない。
出産費用が無料は想像できるけれど、18週間の産休を国や地方自治体が個人へ保障するのは日本では考えられないよね!
おお!なるほど。 

日本・・・・ 国や働いている会社からそれぞれの家に金銭的補助制度が支給される。
デンマーク・ 国から個人へ金銭的補助制度、社会保障制度が支給される。

この大きな差が
書類上の家族になることが大きな意味のある日本!
書類上の契約で個人への法的権利は変わることはないので契約をするメリットが少ないデンマーク。もちろんひとり親の困難も日本よりは少ない。

ということがわかってきました。
と、考えるとやはり離婚率50%のデンマークでは
結婚しても、離婚しても、パートナーとして一緒にいても、
そんなことを評価されることはない!

「今 幸せである 自分に正直にあれ!」

ということがデンマーク的家族感「幸福度」のヒントになったのではないかと思います。

 


そこでもう一つ。
自分の両親がパートナーだったり、ひとり親の子どもは、そんな親のことをどう考えるんだろう? 

統計は取れていないのだそうですが、訪問見学をしたある小学校のクラスの生徒に尋ねたところ実の両親と生活している生徒は5人しかいないとのこと!
残りの子どもは片親ないしは義理の親(新しいパートナー)と一緒に生活をしているのだそうです。

ひとり親は1週間ごとに子供の面倒を交互で見る家庭もあるし、ゲイやレズビアンの家庭の養子になっている子も多い。

とにかく様々な家庭環境があるのだろう。
そしてそれを、否定しないし、社会は受け入れる。
それってとても素晴らしいことじゃないでしょうか。


DSC_0790.NEF
エグモントホイスコーンに飾られているアート作品



 
どうやらデンマークでは離婚、親権についても子供の意見もちゃんと尊重されているようですよ〜。
(※1)オンラインでの離婚手続きに関しては2019年に新法が出ています。
合わせてこちらが参考になります。↓
デンマークの新離婚法と子供の権利  https://note.mu/sawaguri_cph/n/nd9d097e61ed7

そして最後にもう一つ。
離婚した際に子供に払われる養育費は子を養育する人の収入が少なかった場合、多い方が少ない元パートナーへ支払うのだけど、デンマークでは1度市町村を通すのだそうです。
日本は直接のやりとりになるので、時間が経って払われない場合も、そもそも払わない場合も泣き寝入りするしかないけれど、市町村が仲介してくれることによって感情もそこに吸収されて払いやすいし、もらいやすいシステムなのではないかと思いました。
日本もそうなってほしいな。子の権利だもんね。

 

DSC_0435
デンマーク 公立小中学校視察。お隣の幼稚園。



「社会保障、福祉制度が充実しているって税金が高いからでしょ?それって幸福なの?」

消費税率25%、国民負担率約70%のデンマーク。
教育費、医療費、出産、高齢者サービス、そして障がい者へのサービスはこの国民の税金によってまかなわれています。

だから、
医療費無料。
出産費無料。
義務教育から大学教育までの教育費無料。
訪問看護、高齢者や障害者の無料のサービスも充実している。
福祉用具だって市から必要な数、必要な期間無料でレンタルができるのです。
(福祉用具レンタルについては別途レポートできると思います。)

IMG_6521


無料なだけじゃないんです!!

お金ももらえます!
子供手当だってもらえるし、18歳以上の学生には最高月10万円支給。
介護家族には所得保障があり、国民年金は全員が受給できます。

時間だっていただけます!!
年に5週間の有給休暇。
産休は母親は18週。
パートナーは性別関係なく2週間。
育休だって32週間を2人でシェア。

これ、日本にも似たような制度があったとしてどのくらいの方が利用されているでしょうか?
有給休暇取ってますか〜?
デンマークでは4週連続で有給休暇を取得して少し遠い国へ太陽を求めて旅に出ることが普通の暮らしの人にもできるのです!
デンマークの方はほぼ100%制度を利用しているのだとか!!

でもね、デンマークの方はこれをすごいなんて言いませんでした。

私たちの税金を一旦国に預けてそれが私たちに還元されているのよ。だから無料なんかじゃないの!バランスが取れているうちは文句言わないわ。

「政治(デンマーク)は俺の金で動いているんだよ。お給料の半分を国に収めているのだから政治はみんなジブンゴトなんだ。」(投票率90%)
 
確かに・・・・その通りです。

お給料の約半分を国に一旦預け、子供のいない人も、お年寄りのいない人も、自分たちが、みんなで国の子を育て、生活の安定、年を取った時の安心感を作っている。という自覚、政治関心度の高さ!これは幸福度上位国から見る幸福へのヒントなのではないでしょうか。


IMG_6761
デンマークオーフスの街を視察中。

さて、
今回の旅は障害者が自立するためのプロジェクトですので、障がい者の「幸福度」についても考えてみたいと思います。

「デンマークの自立している障害者は幸せなのか!」

ズバリ!みんな幸せそうでした

障がい者の感心するような自立のためのシステムもたくさん知りました。
まず、パーソナルアシスタント制度。これは、障がい者が自立するための権利を保障する制度。
(パーソナルアシスタント制度の詳細は別途ウェルサーチで!)
どんなに障がい者が自立できる国だったとしても、障がい者が生まれたらデンマーク人だったとしても親は落ち込むし、不安が襲う。
それは世界共通の親の思い。
だから、親の会も充実していたし、いい人生が送れるように団体活動なども充実していました。
でも、国は子どもに障がいがあってもなくても、同じように18歳になったら自立するようにしている。親が障がいの子供を一生面倒みることはほとんど無いのだそうです。

学校で学ぶ。社会へ出て働く。ここに障がい者も健常者もないのです。
18歳以上の大人として自立した生活を送るために必要な、金銭的、社会的サポートは国が担当する。
ひとり親の子、貧困家庭、障がい者、関係なく全ての国民が一定の生活水準を保てるように必要な福祉サービスを受けることができる該当者ということになるのです。
 
例えば障害者。
まず障がい者が働きたいと希望した時に、どのようなサポートがあれば働くことができるかを認定します。
パーソナルアシスタントがサポートをしながら会社へ出社することもできる。
介助が必要でないときに介助者が待機する部屋が社内にあるを見学したときには驚きました。
 
DSC_0073



DSC_0083

 
時間はどうでしょう?
一般的な8時間労働が難しく、6時間なら、4時間なら働ける、
など個々が働ける時間数の認定を受けると、残りの2時間分、6時間分を国が会社に支払い、障がい者は8時間労働分のお給料を受け取ることができるのです。

4時間(働けると認定された時間)+4時間(国が会社へ支給する賃金)=8時間(正規雇用)

これもすばらしい取り組みではないでしょうか?
これ、見た目では判断できない障害の方が多く利用されているとも伺いました。
人数を多く雇うことで労働の安定を保たなくてはいけないので、会社は大変ですが、社会はこのような採用をしている会社を高く評価するのだそうです。
この仕組みで安定した収入があれば、家賃を払ったり、休日を楽しんだり週末は大好きなパーティーに行ったりすることもできるのです。
 

DSC_0005.NEF
デンマークの方はお酒とパーティが大好き!エグモントホイルコーレンのFriday Night


「もちろん、こんな素晴らしい制度があったとしても、障がい者の悩みは尽きないし、健常者だって悩み事はある。時には幸福じゃないこともある。」と障がい当事者の方が話してくださいました。
けれど、働くこと、学ぶこと、への選択肢があると言うのはデンマークから学べる幸福へのヒントになったのではないでしょうか?

 
P1520725
エグモントホイスコーレンにて。デンマークで人気の日本のアニメはドラゴンボールでした。


DSC_0623 2
幸せ探し中のチームOTAGAISAMA。街はクリスマスの準備も始まっていました。



今回の旅の中で障がい者の自立生活を見学させていただくために2名の方のご自宅へ伺っています。
そのどちらの方のご自宅も駅から徒歩圏内
横山は、「え!ここ家賃 高いんじゃないの??」と声が出てしまったほど良い立地にあるお宅でした。
窓からの景色は、魔女の宅急便キキのパン屋さんの裏庭の様。
大きな鳥が飛んで来て優雅に緑の芝生を歩いていました。
マンション群の共有スペースでとっても静か、玄関側は駅前で大変便利な環境です。

DSC_0331
エグモントの講師をされているミケルさんのお宅へうかがいました。


DSC_0376
パーソナルアシアシスタント制度を利用して23名のヘルパーさんを雇用しながら一人暮らしをされています。



DSC_0377
趣味の時間を有効に使いたいので、ミケルさんのヘルパーになったのだそうです。
大学生や時間を有効に使いたい人にパーソナルアシスタント制度のヘルパーは人気の仕事なのだとか。  
 

そして、街をバスで移動中に伺ったことの中に日本と大きな違いがあったので、ここに書いて置こうと思います。
おふたりのご自宅がどうしてとても良い立地にあったのか。
埋め立て地区の最新高層マンション群を見て、コーディネーターの片岡さんが教えてくださったことがとても印象的でした。
デンマークでは、マンションや団地などの集合住宅は一部が販売。一部が賃貸。そして一部へ障がい者や低所得者が入居をしなければならないと決められているのだそうです。
日本では建物を見て、「おお、ここはお金持ちが住んでいそう・・・。」とか「この住所はお金持ちの住む地区だ・・・。」などと考えがちです。
逆に言えば都内一等地の高層マンションに住んでいることに、裕福な満足感を得たりもするわけですよね。
デンマークでは、そこにすら評価をつけないというのです。
そこに住みたい人は、そこに住む権利がある。と言うことです。
ほほう・・・。シングルマザー横山が高層マンションに住みたい!と市に申請をすると、倍率は高いかもしれないけれど、そこに住めるだけの金額の家賃補助が出るというのです。もちろん条件があったりするのでしょうけれど、境遇にかかわらず、チャンスは平等にあるように思います。その部屋をバリアフリーに!という申請もできちゃうし、玄関の土間文化がなかったりするのでほとんど工事なくバリアフリーな感じなのがデンマーク住宅だよ、とのことでした。

DSC_0123
埋め立て地区のマンション。どの建物もデザインが凝っていて素敵でした。


IMG_6871
夜のオーフス市内。昔ながらの街並みと近代的な街並みが調和しています。

最後に横山のハートにズキュン!と矢を刺された出来事をもう一つ。

「私は、介護職の社会的地位向上を目指しています。」と言った時、
「意味わかんない。」

と言われました。
お互い キョトン です。

「デンマークでは、職種によって社会的地位の差はあまりない。人は評価されるものでもないし、仕事も高い低い、偉い、偉くない。なんてないよね。だから地位向上なんて意味わかんない。」


それと同時に堂々と、医療、教育、介護者は公務員として自覚と誇り責任を持って働いている!と言った言葉がとても胸に響いているのです。
(デンマークでは高齢者介護と障がい者支援の介護職は別の仕事になっているので、ここでいうのは高齢者介護職。)
横山ものすごく恥ずかしくなりました。
そして、結構混乱もしました。

つまり、偉くなりたいからこの職業に就こう!と思う人はデンマークにはあまりいない。ということ。賃金に格差がほぼなく、就業時間もほぼ一定。
自分の好きな仕事、向いている仕事につき、働く。

それぞれが心地よい生活をするために、それぞれの専門性をリスペクトしあい、職業や住んでいる場所、着ているもの、障がいや国籍など全てが同じでないことを尊重し合うこと。
そして個々の尊重と同時に、全て一人一人が国を通じてみんなを支え合える生活大国を作ったのがOTAGAISAMAプロジェクト横山が見た

幸せ大国 デンマークでした。

自分が置かれている環境、今この瞬間が幸せだと感じること。
他人が何を考えているか、他人が自分をどう見ているかじゃなくて、自分はどうなのか、ってことが大切だということ。
 
IMG_6537
視察はハロウィン間近の10月でした。エグモントホイスコーレンの校内。 


DSC_0230
レゴに夢中になれる時間も幸せ〜。



横山が数日間で見たデンマークはほんの一部です。

デンマーク流で言えば「幸せか、幸せじゃないか」を順位付けしたり、評価する必要なんてないよ。って言われちゃいそう。

横山も幸せの定義の仕方が以前とちょっと変わったように思います。


私は今、コーヒーの香りと午前中の暖かな日差し、こうしてパソコンに向かって幸福度について書いている瞬間を幸せに感じています。
 

DSC_0517 2
デンマーク オーフスにて。